月経異常(生理不順)

更年期の月経異常

40代から50代の女性の悩みになる更年期。様々な症状が身体や精神に現れるようになり辛い時期になってしまいます。

人によっては日常生活に支障が出てしまう事もあります。更年期のなり始め等に良くみられる月経異常。

今回はなぜ更年期の初めに月経異常が起きるのか、どのように対処すればいいのかご紹介していきます。

更年期の月経異常(生理不順)の特徴

更年期の月経異常にはどのような特徴があるのかご紹介していきます。

主な特徴としては月経までの周期が短くなる、長くなるといった周期の異常、月経時の出血量が少なくなる、生理用品から溢れるほどの出血がおきる、出血が長く続くといった症状が表れると言われています。更年期の月経異常には個人差があり特に変化が無いまま閉経する方もいらっしゃいます。

更年期周辺で見られる月経異常のパターン

ここでは更年期周辺で見られる月経異常のパターンの一例をご紹介します。まず30代後半~40代前半で月経の周期が短くなる、出血量が少なくなるといった症状が表れ始めます。

40代後半になると月経不順になる、出血量も安定しない等の症状がでます。このあたりで2か月、3ヵ月、月経が来ないといった事も起きることがあります。

そして50歳あたりで閉経を迎えて月経が1年以上来ない。この様なパターンが更年期周辺で見られることがあります。

なぜ更年期に月経異常(生理不順)が起こるのか?

更年期で起きる月経異常の特徴をご紹介しました。ではなぜ更年期の始まりあたりで月経異常が起きてしまうのでしょうか。

更年期は閉経前後の計10年間程の期間

更年期とは卵巣の機能が停止する閉経が起きる前後約10年間の期間の事を指します。閉経が起きる時期は個人差がありますが45歳から55歳の間に更年期になる事が一般的です。卵巣の機能が停止してしまうと今まで分泌されていたエストロゲン等の女性ホルモンが分泌されなくなります。

エストロゲンは女性の生殖機能、体全体のあらゆる機能に関係しているホルモンです。そのエストロゲンが減少してしまう為、体のあらゆる器官に影響が出始めてしまうのです。

自律神経にも影響が出てしまいバランスが崩れてしまうので精神的症状、イライラ、憂鬱、不安感などが起きてしまったり、消化器官が正常に機能できず胸やけ等の症状がでてしまうこともあります。

閉経前後はエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に減少するので突然体にあらゆる症状が表れてしまいます。これらの症状が激しくなり日常生活に支障が出るようになると更年期障害と呼ばれるようになります。

更年期の症状は個人差があるため、体や心にあまり変化が無い、影響が出ないという方もいらっしゃいます。また更年期の期間や更年期が始まる年齢も個人差があるため30代後半の方が更年期に突入すると言う事も十分考えられます。

月経異常は更年期が始まる合図

閉経が近づくと卵巣の機能は段々と弱まっていくことになります。その為閉経前には女性ホルモンが正常に分泌できない状態が発生してしまいます。

女性ホルモンが正常に分泌できないために今まで正常に行われていた月経に異常が出てしまいます。その為月経の周期が変わる、出血量が変わる等の症状が出てしまうのです。

このことから月経異常が起きると更年期が始まる合図として捉えることが出来ます。閉経前の月経異常は個人差があるため全く異常が起きないままある日突然閉経していたという方もいらっしゃいます。

月経異常は注意が必要

月経異常は更年期の始まりの合図であるとご紹介しました。しかし子宮筋腫や子宮内膜症等の病気が原因で起きることもあります。これらの病気の場合は月経異常や痛み、その他の症状を起こす可能性もあるためなるべく早く発見、治療をしておきたい病気です。

年齢が更年期の時期に近いからと自分で判断して放置しているとこれらの病気を見逃すことにもなります。月経異常がひどい場合などには一度産婦人科にて診察を受ける事をおすすめします。

閉経するとどうなるの?

更年期の際に起きる月経異常は閉経が近づいている合図になります。では閉経するとどうなるのでしょうか。閉経とは月経が1年以上起きない状態のことになります。その為閉経すると月経が起きることはありません。

しかし先ほどご紹介した更年期の症状は引き続き表れてしまいます。閉経後は女性ホルモンが分泌されないために皮膚、粘膜などが乾燥してしまう、尿失禁の症状等が表れやすくなるとも言われています。

また骨粗鬆症や動脈硬化といった生活習慣が関係している病気に関しても女性は閉経後に急激に進行してしまう恐れがあると言われています。

月経異常(生理不順)の対処法

更年期の月経異常の原因についてご紹介してきました。では月経異常が起きた場合にはどのように対処すればよいのでしょうか。

月経異常が起き始めたらまずは基礎体温を記録するようにしましょう。基礎体温を記録しておくことで医師の診察を受ける際に何のホルモンが不足し始めているのか等判断してもらう材料になります。

基礎体温を記録出来たら必ず産婦人科にて診察を受けましょう。更年期が原因ではなくその他の要因にて月経異常が起きている場合も考えられます。自己判断するのではなく必ず医師の診察を受けましょう。

また月経異常はストレス、生活習慣の乱れでも起きてしまう事があります。ストレスをためない様に軽い運動をする、食生活を見直す等対策をするようにしましょう。

まとめ

今回は更年期の月経異常の原因と対処法についてご紹介してきました。

更年期の前には月経異常がホルモンの関係上起きやすい状態になってしまいます。その為突然月経異常が起きることで不安になってしまう方もいらっしゃると思います。

更年期による月経異常なのか、その他の病気が原因なのか判断するためにも必ず産婦人科で医師の診察は受けるようにしましょう。

更年期の合図であった場合には更年期に備えて適度な運動をする、更年期に効果のあるサプリ等を服用する等対策を始めることで更年期で起きる症状を緩和することが出来ますよ。

更年期の様々な対策と治療について

更年期は対策ができます。
食生活から医療機関まで自分に合った対策をしましょう。

その他の更年期の症状

クリックで開きます。