むくみ

更年期のむくみについて

更年期の症状の1つになっているのがむくみです。
日ごろからむくみやすい体質の人のむくみがひどくなるだけでなく、更年期をきっかけにむくみやすくなるケースも存在し、対策が必要になることも多いのです。

更年期のむくみの特徴

更年期のむくみの特徴になるのが原因がはっきりとしないことが多いことです。むくみは体の中に余分な水分がたまることでおきます。

水分の取りすぎよりも塩分やアルコールの摂取などの影響を受けやすく、体が冷えて血液の循環がうまくいかず、体内に余分な水分が漏れ出してしまうケースもあります。

血液の循環が悪くなると体中に水分を届けるための血管の弁から水分が漏れてしまい、むくみの原因となることがあるのです。長時間同じ姿勢をとっていると一部の血管が圧迫されてむくみが生じやすくなるのもポイントです。

デスクワークなどで脚がむくみやすくなる原因にもなっています。激しい運動をすると体内の老廃物の排出を促すために一時的に体がむくむ場合があるなど、むくみはある程度原因を分析できるものが多くなっています。

しかし、更年期のむくみは原因がわからないケースが多く、原因がわからないから更年期を疑うといったパターンになることがあるのです。

病気などが原因で体がむくむこともあるため、判断が難しいポイントにもなっています。むくみ以外にも体の不調がある場合は病院で診察を受けた方が良い場合もあります。

なぜ更年期にはむくみがおきるのか?(原因)

更年期は卵巣の機能低下に伴い女性ホルモンの分泌量が低下します。女性ホルモンは自律神経と密接に関わっていて、女性ホルモンの低下が自律神経の乱れを誘発することがあります。

自律神経は体温などのコントロールや血管の収縮などをつかさどっているのがポイントで、自律神経の働きが乱れれば血液のコントロール自体がうまくいかなくなる可能性があるのです。

血行が悪くなれば一部の血管に負担がかかるようになります。負担がかかった部分の血管の弁が開いてしまい、余分な水分が漏れ出してむくみが生じる可能性が高まってしまうのです。

自覚症状がなくてもむくみが生じる可能性があるのがポイントと言えます。

体温調整がうまくいかないことが影響することもある

更年期のむくみの主な原因は血行が悪くなることによって起きるものです。注意したいのは更年期は体温調整自体がうまくいかなくなり、必要以上に体を冷やしてしまうようなケースもあることです。

体感温度と実際の室温と気温に差が生じるため体への負担が増すケースがあります。たとえば、実際には体が冷えているのに自覚できずに汗をかいてしまうような場合も存在します。

体が冷えると血液の流れは悪くなってしまうため、服装のコントロールがうまくいかないことがマイナスになるケースがでてくるのです。

体調不良から運動不足になることもマイナスに

更年期に頭痛などに悩まされる人は多く、活発に動くこと自体が難しくなるケースもあります。運動不足になると血流が悪くなりやすく、むくみが悪化する原因となる場合もでてきます。

むくみの防止のためには体を動かして血液の流れを良くすることが大切になるのです。ずっと横になっていても体重による圧迫で血液の流れは偏っていきます。

時折体を起こしてストレッチをするなど、ある程度血の巡りを意識して行動することも大切です。ある程度歩いたり休日に運動をする習慣をつければむくみ予防にも貢献してくれます。

むくみの対処法

更年期のむくみ対策になるのが運動です。ストレッチをするなど血流を良くするための工夫は重要になります。運動をすることでリンパの流れも良くなるため、一度生じたむくみの解消も目指せます。

リンパは体中に通っていますが、心臓のように循環させるための器官がなく、筋肉の動きなどと連動する形で循環しています。体の中の老廃物を回収して排出を助けるため、運動をすることでリンパの流れを活性かさせることもむくみ対策になるのです。

運動が難しい場合もマッサージで血行を良くすることや、リンパの流れを良くすることはプラスになります。体の冷えを予防することも大切で、日ごろから体を冷やす習慣がある場合は注意が必要です。

職場での温度管理が難しい場合はひざ掛けの使用やインナーによる調整を心がけるのがおすすめです。特に脚は冷えやすく血液の流れが滞りがちな部分になるため、足を伸ばしたりマッサージでむくみ予防に気を配るのがおすすめです。

仕事で長時間同じ姿勢をとる場合も休憩時間などにストレッチをすることや、ふくらはぎをマッサージしていくことが対策になります。良質な睡眠も大切で、自律神経の働きを正常に戻すために大切なポイントとなっています。

食事や薬による対策も方法になってくる

辛いものが苦手でなければ食事にスパイスを加えて体を内側から温めていくのも対策の一つになります。食事を暖かいものを中心に、体の内側を冷やさないようにするのも方法です。

漢方で冷えの予防や血流を良くしていくのも対策になります。婦人科ではホルモンバランスを整えるためのホルモン剤や、更年期対策の漢方などの処方が受けられる場合があります。

病院によって薬の処方の方針は変わるため、病院の口コミなどをチェックして受診する、あるいはかかりつけの医師に漢方の処方などをしてくれる病院の紹介を頼むのも方法です。

より手軽なものであればカリウムを含んだサプリメントをとる方法もあります。カリウムは体の中の余分な水分の排出を助けてくれるミネラルで、利尿効果があります。余分な水分を体の外に出し、適切に水分を補えばむくみの予防ができます。

まとめ

更年期のむくみは自律神経の乱れから血行が悪くなり、体の中に余分な水分がたまることが原因です。

はっきりとした原因を把握することが難しいため、むくみ防止のための運動や冷えの予防が対策の中心になります。病院で薬や漢方を処方してもらう人や、サプリメントで対策をする人もいます。

むくみ以外にどのような症状がでているかもチェックした上で、どのような対策が現実的か考えることがおすすめです。

更年期の様々な対策と治療について

更年期は対策ができます。
食生活から医療機関まで自分に合った対策をしましょう。

その他の更年期の症状

クリックで開きます。