関節痛

更年期の関節痛

更年期に関節痛に悩まされる人は珍しくなく、階段の上り下りが辛くなるなど日常生活に悪影響を与えることもあります。

放置すると悪化することがあるため日常生活の中で対策を立てる意識も大切になります。

更年期の関節痛の特徴

階段の上り下りに関節が痛む、こわばりが気になるといった症状が代表的ですが、皮膚をありが駆け回るようなムズ痒い不快感を伴うケースがあります。また、肩や膝などの大きな関節だけでなく、指などの小さな関節が痛むケースがあるのも特徴です。

物を握ろうとしてもスムーズにいかないことも増え、物を落とすことが増える場合もあります。首や肩がこりやすくなるなど自覚が難しいケースも存在するため、長期間こりが取れず、マッサージや柔軟体操をしてもなかなか改善が見込めない場合は更年期が原因である可能性が高まります。

かかとや足首が痛むことからヒールがはけなくなるなど、体全体の間接に影響が及ぶケースもあるのも特徴です。

なぜ更年期に関節痛が起こるのか?(原因)

更年期に関節痛が起こるのは、閉経前から始まる女性ホルモンの分泌量の減少や筋力の低下が原因といわれています。女性ホルモンの分泌量低下は人間の代謝に大きな影響を与えます。

生理前後に体調不良に悩まされる人もいますが、更年期は生理に似たホルモンバランスの変化が長期間続くのがポイントです。

体調が安定しないことから運動不足になってしまう人も多く、筋力の低下から間接に違和感を覚えるようになる人もいます。

また、血行不良による代謝の低下から軟骨がうまく作られないなど連鎖的に悪影響が起きる場合もあります。更年期の症状には冷え性や不眠がありますが、冷えによる血行不良や睡眠不足など、関節を支える筋肉や軟骨に悪影響を与える要因は非常に多いのです。

加齢が原因の筋力低下や代謝の低下も影響するため、原因を特定するまでに時間がかかる場合や、しっかりと原因が特定できないケースもあります。

関節痛以外にも更年期に当てはまる症状がないか確認する他、、年齢的に気になる場合は婦人科に行ってチェックしてもらうのは立派な対策になるのです。。

関節痛の対処法

更年期の関節痛の対処法は様々で、どのような方法で効果が得られるかは人によって違いがあります。関節痛以外にも更年期の症状が強くでている場合は婦人科を受診するのが早道です。

婦人科でホルモン補充療法を行うことで改善することも存在し、何回か通うことで初めて効果を実感できるケースもあります。更年期で減った分の女性ホルモンを補うのはわかりやすい対策で、即効性を考えるのであれば病院にいくのが確実なのです。

不眠の症状があらわれている場合は合わせて睡眠導入剤を処方してもらうのも方法になります。眠りの質もホルモンバランスの維持に重要になってくるため、眠りが浅い場合や満足感が足りない場合は相談してみるのもおすすめになります。

漢方の処方をしてくれる病院もあるため、治療方針に共感できる病院に通うのも選択肢です。

食事で女性ホルモンを補うのも一つの方法

関節痛の対処だけでなく、予防にも役立つのが食事で女性ホルモンを補う方法です。女性ホルモンが減少する分を栄養で補うことを意識すれば症状が緩和される可能性があり、食習慣の見直しにも役立ちます。

女性ホルモンと非常に似ていることで知られているのが大豆イソフラボンで、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと似た働きをすることが知られています。

豆乳や豆腐、納豆などの大豆食品のほか、大豆原料のプロテインから摂取することも可能です。肉や魚、貝類などから動物性たんぱく質を摂取ることも大切です。

大豆製品にもたんぱく質が含まれますが、成分の構成が違うため肉などから取れる動物性たんぱく質と、豆類から取れる植物性たんぱく質は半々を目安にバランスよく取った方が良いのです。たんぱく質はコラーゲンの原料にもなります。

肌の潤いをたもち、軟骨の原料ともなるコラーゲンはたんぱく質を分化したアミノ酸から作られます。関節周辺の筋肉の維持や軟骨の維持のためにもたんぱく質は重要です。

サプリで栄養を補う方法もありますが、基本は食事から取ることを意識する必要があります。

ストレッチや軽い筋トレで関節を動かすことも大切

関節に痛みを感じるようになるとどうしても動くことが苦痛になります。しかし、関節を動かさずに血行が悪くなると栄養の循環も阻害されます。 より筋肉が衰えやすくなるだけでなく、軟骨の維持にも影響を与える可能性があるのです。

痛みがひどい場合はまずは婦人科などで対策をするのも方法ですが、ある程度ストレッチや軽い筋トレで関節をほぐすこと、筋肉の維持をすることも大切になります

体の冷えがひどい場合はまず関節を温めるのも方法です。体が冷えて血行が悪い状態で体を動かしても効率が悪いのもポイントです。

お風呂上りなどの血行が良い状態でストレッチをするだけでも効果の出方がかわる場合があります。可能であればシャワーではなく湯船に使って体の奥から暖めることや、入浴剤を利用して入浴効果を高めるのがおすすめです。

室温をある程度あげ、体が冷えないように工夫する方法もあります。負荷をかけて体を鍛えるというよりも、徐々にほぐして慣らしていくことを意識した方が長く続けるコツになります。

ただ関節の痛みをとるためだけでなく、より痛くならないように予防する役割もあるため、簡単なストレッチなどを習慣化した方がプラスになることが多いのです。

ヨガやピラティスなども関節痛防止に役立ちます。まずは無理をしない範囲で少しずつ動かせる範囲を増やせばそれだけで選択肢が増えていきます。

まとめ

更年期の関節の痛みは原因の特定が難しいケースも存在し、治療や対策がなかなか進まない場合もあります。

しかし、原因不明であってもホルモン補充療法で症状が改善される場合や、更年期に良く処方される漢方で改善が見られる場合もあります。

複数の原因を予測して食事や運動の習慣で予防と対処を目指すことも大切で、日ごろ不足している要素がある場合は見直しが必要です。

極端な冷えなどが悪影響を及ぼすこともあるため、一つ一つ問題に対処し、改善を意識するとさらにプラスになります。

更年期の様々な対策と治療について

更年期は対策ができます。
食生活から医療機関まで自分に合った対策をしましょう。

その他の更年期の症状

クリックで開きます。