医療機関で行える更年期治療!ホルモン補充療法など

更年期の対策「医療機関」

更年期の症状は人によって差があり、中には日常生活に深刻な影響を受ける人もいます。影響が大きい場合に視野に入るのが医療機関での更年期治療で、主にホルモン剤を使った治療が中心になります。

症状によって抗うつ剤が使われるなど精神科の薬が使われるケースがあるのも特徴です。

更年期の症状は婦人科で治療を行うことが一般的

更年期の症状は婦人科で治療を行うことが一般的になっています。主に利用されるのがホルモン剤の投与を基本としたホルモン補充療法(HRT)です。

更年期に減少する訪問を補填することで更年期の症状が和らぐ可能性があります。

ホルモン補充療法(HRT)を利用する医療機関が多い

更年期はホルモン不足などから起こることがわかっていますが、病院によって治療方針が大きく変わる傾向があります。

主に利用されるのが婦人科でのホルモン補充療法(HRT)で、閉経に伴うエストロゲンなどの女性ホルモン減少にあわせてホルモンを補充するものです。

特にホットフラッシュ(ほてり)や自律神経の不調、閉経後骨粗しょう症の予防と改善にも使われます。治療範囲が広いのはそれだけ女性ホルモンの分泌減少に伴う影響範囲が広いからです。

また、抑うつ症状がでている場合や、不眠症などの症状がでている場合は精神科などで使う抗不安薬や睡眠導入剤が併用されることがあります。

更年期の症状が気になった場合はまず婦人科で治療を受けるのが基本になるのです。

プラセンタ注射が行われることもある

ホルモン補充療法と並んで普及しつつあるのがプラセンタ注射です。プラセンタは胎盤のことで、医療用のプラセンタは正常に生まれた人の胎盤から作られています。

美容成分として有名ですがもともとは医療用の研究が進んでいて、更年期障害や肝炎の治療薬として用いられています。

更年期障害と診断された場合は保険が適用されるのがポイントで、大幅に医療費が節約できるのです。ホルモン補充療法と組合せて使われるケースもあります。

ホルモン補充治療は人によって効果に差がある

更年期の代表的な治療法の一つはホルモン補充治療ですが効果には個人差があります。一部の症状が改善されるケースや、ほとんど影響がないケースも存在します。

効果が見られない場合は薬の種類を換えるなどのアプローチが必要になってきます。ホルモン補充療法と並んで有名なのが漢方を使った治療です。

漢方による栄養補助と治療は西洋医学とは違う独自の進化を解けており、ホルモン補充療法で効果が見込めなかった症状改善に役立つケースがあります。

場合によって併用が視野に入るのもポイントで、骨粗しょう症の予防はホルモン補充療法を利用し、栄養面や自律神経の改善は漢方を利用する方法もあります。治療のアプローチは一つではないのです。

精神面の不調が主であれば心療内科や精神科も視野に

常に気分が沈んだ状態であるケースや、頭痛や不眠が問題であれば心療内科や精神科の受診も視野に入ります。

心療内科は精神が体に与える影響に着目し、心身両方の治療を行うことが特徴になっていて、精神科にハードルを感じる人も使いやすくなっています。

イライラやうつ症状に対する薬を処方して貰える

心療内科や精神科は更年期のイライラやうつ症状に対する薬を処方してくれます。

薬の処方だけでなくカウンセリングなどを行って精神面や生活面の悩みの解決から治療を目指す病院も存在し、生活環境の変化などで悩んでいる人は利用してみるのも方法です。

どの程度カウンセリングに対応しているかは病院によって異なるため、カウンセリングに強い病院などを頼ってみるのも方法です。

また、精神症状がひどい場合はより本格的な精神治療の手法を確立している病院を探して受診するのも方法です。心療内科や精神科の受診は症状をしっかりと伝えることが大切です。

また、治療に使われる薬の種類が多く、効果の出方を見ながら調整されるケースもあります。

薬の処方方針も医師によって変わるため、合わないと思ったら別な病院で診察を受けるのも方法になっています。

病院の治療だけでなく私生活の見直しも重要に

更年期の症状は病院で治療を受けることができますが、治療のマイナスになる生活習慣が続けば精神的に肉体的にも不安定な状態が続きやすくなります。

健康的な生活をセットにして自律神経の働きを整えることは治療の重要なポイントになっています。

病院から生活習慣に対する指導があることも

病院の治療を生かすためには睡眠時間の確保や不規則な生活習慣の改善など、健康的な生活サイクル確保が必要になります。

生活のリズムが乱れていると自律神経の働きが弱まりやすく、精神面や健康面に悪影響が出やすくなるからです。

薬でホルモンなどを補給しても、そもそもの睡眠時間が足りないなど更年期の影響を受けやすい状況は避ける必要があります。

一日三食を食べることや運動をして自律神経の働きを整えることは大切なポイントなのです。しっかり栄養を取らないと、目眩が起きても更年期の症状によるものなのか、貧血が原因なのかという区別がつかなくなることもあります。

病院で生活習慣について問診された場合に嘘をつかないことは大切で、生活の指導を受けた場合は従う必要があるのもポイントです。更年期の症状が落ち着くまで体を優先で動いた方が良いことは多いのです。

年齢的に無理がきかなくなるタイミングであることも多いため、仕事などのバランスもあわせて考えるのがおすすめになります。

まとめ

更年期の症状は人それぞれで、症状の出方によって治療法も変わってきます。主流となっているのが婦人科でうけられるホルモン補充療法で、プラセンタ注射などが使われるケースもあります。

漢方や精神科の薬が補助的に使われるケースも珍しくなく、ホルモン補充療法で効果がなかった人も別のアプローチで症状が改善する場合もあります。

また、生活習慣が乱れている場合は医師からの指導が入ることもあるため、従う必要があるのもポイントです。体調よりも仕事や生活を優先してしまえば更年期の症状が悪化することもありえます。

日常生活に支障をきたさないようにするために、まずは治療と体調の安静を優先することが大切なのです。