イライラ感

更年期のイライラについて

多くの女性が40代になると、心身ともに不快症状に悩む方が増えてきます。今までに気にならなかったことにもイライラしてしまうようになるのは、更年期の特徴でもあるのです。

更年期のイライラ感の特徴

心身に現れるサインを見逃さないでください

更年期に入り、相手のちょっとした指摘でイライラしたり、今まであまり怒らなかったタイプの方が急に怒りっぽくなった場合には注意が必要です。更年期には女性ホルモンのバランスで心や体調面で様々な症状が出てきます。

イライラすることも、日によって波があったりすることもあるでしょう。体調不良の原因からイライラしてしまうこともあるようです。

イライラ感に波があったとしても、今までのように気持ちの切り替えができなくなっているとお困りの方や、毎日怒ってばかりで嫌になってしまうという方は更年期の特徴であるといえますので、自分自身を責めないようにしてください。

対処療法になってしまいますが、イライラなどの症状を抑えることもできますので、自分の心の声をしっかりと聞き、無理なく大変な時期を乗り越えていきましょう。

ストレスで悪化する更年期障害

女性の40代ともなると、ご自身の仕事のことから子供の悩み、両親のことなど様々な悩みを抱えがちになる方も多いです。これらのストレスを抱え込んでしまっていると自律神経失調症を引き起こすこともあります。

それがさらにイライラを引き起こしてしまウノです。イライラすることは、心理的が原因が大きく影響を及ぼしていますので、単なるストレスだけでなく、更年期障害とストレスが組み合わさっている場合もあります。更年期は誰にでも訪れるものですから、症状を少しでもよくするための生活習慣に変えるだけでも効果があるのです。

なぜ更年期にイライラするのか?

女性ホルモン、エストロゲンの減少

更年期にはいると、卵巣機能の働きも弱まってきます。今までは妊娠や出産のために卵巣で多くの女性ホルモンが分泌されていましたが、閉経などの準備に入る卵巣は女性ホルモンのエストロゲンを少なくしていきます。

その影響で、女性ホルモンのバランスが悪くなるのです。いつものように、脳内では女性ホルモンの分泌指示を出しているのですが、卵巣の機能面でそれらに反応することができなくなってしまいます。

すると、脳内では視床下部が興奮状態となり今までうまくいっていたはずの自律神経に影響を及ぼすのです。自律神経がバランスを崩すと、体調面だけではなく、精神面でもイライラなどの症状が出てきます。

セロトニンの分泌も減少

女性ホルモンの影響は、卵巣だけで問題ではありません。感情面の落ち着きや幸せを感じることに深く関わっているのがセロトニンという物質です。女性ホルモンのエストロゲンが減少していることと同じように、セロトニンも減少していきます。

生理前にエストロゲンが少なくなるのとイライラすることがありますが、更年期になると常に減少している女性ホルモンの影響でイライラが通常よりも長く続く状態となってしまっているのです。

ストレス環境

女性ホルモンの影響で、心身ともに負担がかかりやすいのが更年期となります。それ以上に、40代女性の周りでは様々なストレス要因とも言える事柄が起こるのです。例えば親の介護が始まる方もいますし、子供の進学などで悩まれる方も多いでしょう。

子育てがひと段落しても夫婦や近隣のトラブルを抱えてしまうという方もいます。それらのストレスの状況が長く続けば続くほど、女性にとっても精神面で負担になりやすいです。

自律神経がバランスを崩すだけで、パニック症候群やうつ病などを発症してしまうかたもいます。更年期障害は、体調面だけでなく、ストレスとしてかかってくる負担をいかに減らしていくかということがポイントです。

イライラへの対処法

食と睡眠の改善

更年期にイライラするということは、ホルモンの関係からみてもよく起こることです。イライラを対処する方法がいくつもありますので、少しでも心身ある不快な症状が改善されるようにしていきましょう。

医師に気軽に相談して処方を受けることもできますし、日常生活で取り入れることができる簡単な工夫があります。朝起きて、しっかりとカーテンを開けて生活するとセロトニンを体内でしっかりと分泌させるので、夜眠れないなどの症状を抑えることができます。

不眠が続くとイライラしがちになりますので、しっかりとした睡眠をとることは重要です。食生活では、バランスが取れた食事をすることはもちろんですが、ストレスに有効なビタミンCやカルシウム、マグネシウムを積極的にとるようにしましょう。

イライラを抑えるためには、カルシウムやマグネシウムをとることで女性ホルモンを整えてくれますので、小魚類や乳製品などもとることが重要です。女性ホルモンのエストロゲンに似ている、イソフラボンを摂取すると更年期の不快症状を改善すると言われています。

大豆などにも、イライラを抑える成分が入っていますので、こちらも合わせてとるようにしてください。家や仕事のことで忙しく、体調不良で食事まで気が回らないという方も多いです。

そんなの時には、大豆飲料やヨーグルトなど市販品を使ってとるだけでも心を落ち着けてくれます。定期的に摂取するためには、サプリメントなどもおすすめです。更年期に特化したサプリメントですと、栄養成分がまとめて入っているので安心して摂取することができます。

ストレスを貯めない暮らし

ストレスは生活をしているとどうしても出てきてしまうものですが、リラックスできる趣味や環境を作ることで改善することがあるのです。新しい趣味に挑戦することで気分が紛れてイライラが収まるということもありますし、家族など身近な人に話を聞いてもらうということも有効でしょう。

ストレスを貯めないためにも、適度な運動は欠かせません。軽いストレッチや散歩程度をするだけでも体が適度に疲れて、ぐっすり寝れることがありますので取り入れてみてください。

まとめ

女性の更年期障害は誰にでも起こる可能性があります。日々の生活に忙しく、ストレスを貯めがちという方こそ更年期の時に負担がかかってくることが多いのです。

女性ホルモンの減少とストレス環境が大きく影響してイライラしてしまいがちな更年期ですが、食事や睡眠などの生活習慣を整えて、ストレスを減らすようにすれば、イライラなども収まってくる場合があります。どれも気軽に始められるものですから試してみてください。

更年期の様々な対策と治療について

更年期は対策ができます。
食生活から医療機関まで自分に合った対策をしましょう。

その他の更年期の症状

クリックで開きます。