更年期と閉経について

更年期と閉経について

多くの女性の方が悩まれる更年期。年齢と共に症状が表れ始める特徴があります。更年期は倦怠感、疲れやすい、胃の不調、イライラする、精神的に不安になる、発汗、のぼせ等の症状が引き起こされるといわれています。人により症状の辛さは違いますがひどい方ですと日常生活に支障が出てしまう事にもなります。

更年期は閉経と深く関係があるといわれています。今回は更年期と閉経の関係についてご紹介していきます。更年期にお悩みの方、ご家族が更年期に悩んでいる方は是非記事を最後まで読んで参考にしてください。

更年期と閉経の関係

ここでは更年期と閉経の関係性についてご紹介していきます。

更年期とは

まず更年期がどの様なものなのかご説明していきます。
女性の方は年齢と共にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの数が減少していきます。エストロゲンは女性の方の体のあらゆる部分に関係している非常に重要なホルモンです。エストロゲンが減少してしまうと体に異常が出てしまう為脳が卵巣へエストロゲンを分泌するように働きます。

しかしエストロゲンは分泌されないためホルモンバランスが崩れてしまうのです。また脳が卵巣へエストロゲンを分泌するように働くさいに脳の他の部分も刺激されてしまうため自律神経も乱れてしまいます。

自律神経は身体のあらゆる臓器の働きに関係していたり、精神的バランスを保つ役割のある神経です。この自律神経のバランスが乱れてしまう事でイライラする、精神的に不安になってしまう、体が疲れやすくなる、倦怠感を感じる等の症状を発症してしまうのです。

閉経とは

閉経とは女性の方の体の機能である月経が完全に終了してしまう事です。卵巣の機能が停止してしまう月経が1年以上確認できない場合、ホルモンの数値が一定値以下になった場合に閉経と判定されます。

閉経は50歳前後で起きる方が多くいらっしゃいますが人により時期は変わってきます。その為40台前半で閉経してしまう方もいらっしゃいます。

更年期と閉経の関係は?

更年期と閉経はどのような関係があるのでしょうか。一般に更年期とは閉経の前後5年、計10年間の期間の事を指します。45歳~55歳の期間に更年期に突入される方が多くいらっしゃいますが人により更年期になる年齢は変わってきます。更年期の症状がひどく日常生活に支障が出るようになると更年期障害と呼ばれるようになります。

更年期はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少することで引き起こされるとご説明しました。このエストロゲンは卵巣から分泌されるのですが閉経が深く関係しています。卵巣の機能が徐々に低下していき完全に機能停止することを閉経というとご説明しました。卵巣の機能が停止してしまう為、エストロゲンが分泌されなくなります。

結果急激にホルモンバランスが崩れ、自律神経のバランスも崩れてしまう為更年期の症状が出てしまうのです。閉経前の約5年間はエストロゲンの分泌量が減少することにより、閉経後の約5年間はエストロゲンが分泌されないために症状がでてしまいます。

更年期にはどのような症状があるの?

更年期では様々な症状が身体に現れ始めます。どの様なものがあるかご紹介していきます。

精神神経系の症状

自律神経が乱れてしまう事で精神神経系の症状があらわれてしまう方がいらっしゃいます。

不眠や不安感、うつ、集中力が無くなる、頭痛、耳鳴り等の症状が精神神経系の症状に分類されます。不眠や不安感などは放置しているとその他の症状を発症してしまう原因にもなりますので対処する必要があります。

消化器官系

自律神経は消化器官系にも深く関係している為自律神経が乱れることで消化器官系の臓器に異常が出てしまう事もあります。

症状としては、胸やけ、あまり食事をとっていないのに胃がもたれる、食欲がなくなる、便秘や下痢といった腸の異常等があります。

これらの症状は放置していると胃潰瘍、胃炎といった病気を発症してしまう原因になってしまいます。

血管運動神経系

更年期になると血管運動神経系の異常も引き起こされてしまいます。のぼせ、暑くないのに急に汗が出てしまう、冷え、動機や息切れといった症状があります。

これらの症状は更年期の方に多くみられる症状であると言えます。

更年期の症状の対策は?

更年期と閉経の関係や症状についてご紹介してきました。ここではこの辛い更年期の対策方法をご紹介していきます。

更年期は対策をしっかりと行う事で症状を軽くすることもできますので是非参考にしてください。

更年期に効果のある成分を摂取する

更年期の症状を緩和してくれると言われている成分は現在多く発見されています。代表的なものをご紹介すると大豆イソフラボンが挙げられます。

大豆イソフラボンは大豆に含まれている成分で豆腐や納豆、豆乳といった食べ物から摂取することが可能です。

大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働きを体内でしてくれると言われている成分です。閉経の関係で減少してしまったエストロゲンの代わりになってくれるのでホルモンバランスを正常化することが出来ます。大豆は美容にも良いと言われていますので、更年期の改善だけでなく美容目効果も期待できるうれしい成分になります。

その他にもビタミンB群や亜鉛等摂取することで更年期の改善を行える成分があるのでしっかりと摂取すると更年期の症状を緩和することができます。

更年期サプリ

先ほどご紹介した更年期に効果のある成分はほとんどの物が食べ物から摂取できます。しかし成分は種類が多くありますし、体の為に多くの成分をしっかりと摂取しようと思うと膨大な量の食べ物を毎日食べなければいけません。

消化器官にも異常が出てしまっている状態ですと大量の食べ物を毎日食べると言う事は続けにくいです。

そこでおすすめの物が更年期サプリです。更年期サプリは更年期に効果のある成分がしっかりと配合されています。また1日数回水などで錠剤を飲むだけ等非常にお手軽な使用方法である事が特徴です。

簡単に摂取できるので毎日続けることが出来ます。毎日成分をしっかりと摂取していると更年期の症状は緩和されますのでサプリはおすすめの対策方法です。

更年期と閉経は深く関係している

今回は更年期と閉経の関係や症状、対策法をご紹介してきました。

女性の方はどうしても歳をとると閉経は起きてしまいます。閉経が起きることで更年期の症状も出てしまう為上手に付き合う必要があります。

更年期の症状は対策をしっかりと行ってあげることで症状が緩和されていきます。また閉経後しばらくすることで症状が軽くなることもあります。

更年期になったからと諦めるのではなくしっかりと対策をして辛くない日常生活を送れるようにしましょう。