下痢・便秘

更年期と下痢と便秘

40代~50代の閉経前後のころ、女性はホルモンバランスが大きく変わるため、様々な更年期特有の症状が現われはじめます。現れる症状は人それぞれですが、身体的症状の1つに下痢や便秘といった消化器系の症状があります。慢性的に続くと非常に不快に感じるため、その対処法を含めて詳しく見ていきましょう。

更年期の下痢・便秘の特徴

下痢・便秘が起こる原因

  • 更年期によるもの
  • ウイルスや細菌などによる感染
  • 食中毒
  • 食べすぎや飲みすぎなどの胃腸障害によるもの
  • 極度の緊張やストレスなどの心因性によるもの
  • 生理によるもの
  • 病気がもとで起こるもの
  • その他原因不明によるもの

こうして見ていくと、更年期以外にも様々な理由で下痢や便秘が起こる可能性があります。ですから、まずは更年期によって下痢や便秘が引き起こされている場合の特徴を、よく理解しておくことが大切です。

更年期が原因で起こる下痢や便秘の特徴

  • 明け方、もしくは朝早い時間に継続した痛みが続く。
  • 腰やお腹など、体の複数個所に冷えを感じる。
  • 体が少し微熱気味で、ずっしりとした生理痛のような鈍痛がする。
  • 下痢・便秘以外にも、更年期の症状がいくつかあてはまる。

これらはいずれも更年期に起こる下痢や便秘の特徴としてあげられていますが、更年期以外の場合に起こる下痢や腹痛の症状とも非常に似通っているため、はっきりとした判断基準が難しいといえます。自己判断による間違った対処法では、症状がうまく軽減されないこともありますので、気になる症状が続いているようであれば、早めの受診がおすすめです。

なぜ更年期に下痢・便秘になるのか?(原因)

更年期の女性の体の変化

閉経前後の女性の体は、これまでよりも女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)の分泌量が大きく減少します。とくにエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの減少は、脳の視床下部から脳下垂体や卵巣などに伝えられる指令をつかさどる機能とも関わっているため、自律神経のバランスが大きく崩れることが分かっています。
これにより、体温調節・発汗作用・心拍・血圧や血流・呼吸・腸のぜん動運動の低下・免疫機能の低下・感情コントロールの低下など、あらゆる機能に乱れが生じてしまうのです。

更年期になぜ下痢や便秘が起こるのか?

更年期の女性の体の変化はとても複雑で、上記のような不快な症状の種類はおよそ200以上にものぼるともいわれており、人それぞれ発症する症状も様々です。
その中の1つとして、自律神経と密接な関係にある腸の機能の低下により、更年期には下痢や便秘が起こりやすくなるというわけです。また不快な症状が重なることで精神バランスも崩れやすく、たまったストレスや不安・イライラなどの心因的要因からも下痢や便秘が起こりやすくなるのです。

下痢・便秘の対処法

規則正しい生活習慣や食生活の見直しが大切

更年期の時期はあらゆる体の機能が乱れやすくなっているため、より一層の規則正しい生活習慣が望まれます。とくに1日3食、決まった時間に栄養バランスの整った食事をとることは、弱まった腸の運動を活発化させるために欠かせません

。また適度に質の良い睡眠時間の確保・適度な運動なども合わせて見直していくとよいでしょう。休みの日には気持ちのいい空気を吸ってウォーキングをしたり、ぬるめの湯にゆっくりと使って疲れをとるなどの工夫もおすすめです。

毎日決めた時間にトイレに行く習慣をつけ、便意は我慢しないこと

朝はなるべく決めた時間にトイレに行く習慣をつけましょう。そのためにも時間に余裕を持つことが大切です。便意を我慢したり忙しさで後回しにしたりすると、どうしても便秘しやすくなってしまうので注意が必要です。また朝起きた後に白湯を飲んだり、腸をマッサージしたりするなど、毎日トイレに行ける習慣作りを心がけましょう。

ストレスをためない

下痢や便秘が起こる原因のところでもふれたように、腸の働きと精神のバランスは密接な関係があります。日ごろから無理がたたったり、我慢やストレスの多い生活が続くと、それだけでも便秘や下痢が起こりやすくなります。

ですから、気持ちがいい程度の適度な運動をしたり、リラックスできるような音楽を聴いたり、好きなことで気持ちを発散させるなど、なるべくストレスをためないように心がけましょう。

食物繊維を多くとる

野菜・果物・海藻・キノコなど、なるべく食物繊維を多く含む食材を積極的に摂るようにすると効果的です。食物繊維には水に溶けやすい水溶性のものと、水に溶けにくい不溶性のものがありますが、それぞれどちらも腸にとって良い働きすることが分かっていますので、バランスよく摂取するように心がけましょう。

具体的な例としては、さつまいも・ごぼう・こんにゃく・寒天・バナナなどがおすすめですが、まだまだたくさんの食材がありますので、毎日工夫してとり入れていくといいですね。忙しい方や食事の管理が難しいという方は、青汁やスムージーなどで補給するのも手軽でおすすめです。

体を冷やさない

自律神経の乱れによってどうしても体が冷えやすくなりますが、体の冷えは循環機能も弱めてしまうため、腸の働きがさらに弱まるといえます。腹巻を使ったりカイロやひざ掛けなどを利用しながら、腰やお腹などを中心に体を温めるようにすると効果的です。また冷たい飲み物を避け、なるべく暖か飲み物で体を温めるのもおすすめです。血流や血行が良くなり体の調子も整いやすくなります。

善玉菌の働きを活発にする

腸の働きを活発にするためには、善玉菌を増やすことが先決です。乳酸菌やビフィズス菌、日本に昔から伝わる発酵食品などを積極的にとり、腸内環境を整えると効果的です。毎日食事で補うのが難しい場合には、便利で手軽なサプリメントなどもおすすめです。

まとめ

更年期に起こりやすい下痢や便秘の関係についてまとめてきましたがいかがでしたか?

この時期は不快な症状が多く、毎日の生活を送るだけでもつらい時期といえますが、できることを無理なくとり入れていくことで、なるべく下痢や便秘になりにくい生活習慣を送れるようにしたいですね。

症状がひどい場合には、婦人科や更年期の専門外来などを受診することもおすすめです。

更年期の様々な対策と治療について

更年期は対策ができます。
食生活から医療機関まで自分に合った対策をしましょう。

その他の更年期の症状

クリックで開きます。